×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                                                                                        



















 


◆ここに 25年度版 降臨!!◆


                                                
合否のを別けるのは○○だった!!





□資格学校に数十万円も高い授業料は払いたくない


□独学で一級建築士試験に絶対合格したい





そんな強い意志と覚悟を持ったあたなに送る!




◆工業高校卒業後 独学で 二級建築士 一発合格!!


◆実務経験を経て  独学で 一級建築士 二発合格!?




そんな失敗と成功の両方を経験した著者が送る




◆無駄な要素は徹底排除、合格に必要な要素だけを凝縮


◆試験勉強前の準備から学科・製図試験当日まで徹底指南


◆無駄なく効率的かつ最短で合格する超勉強法を惜しみなく伝授します。
 

         

こんな風に感じた事はありませんか??




そこのあなた! 諦めるのはまだ早い!!




販売する事だけを目的とした業者の教材とは次元が全く違います。
              

本当に心の底から合格したい、建築士になりたいと思う人だけに教えたい。


教科書には絶対に載っていない、

独学で 失敗も 成功

経験した私だからこそ見つけたられた方法を試してみたくありませんか?









私は平凡な高校を卒業し、安月給の設計事務所に就職。

残業が多く深夜になる事もザラでした。

しかし残業手当もなく、ボーナス制度すらありませんでしたので、

当時の月給は17万円・・・

それでも建築が好きで、将来の建築士を夢見て必死でした。




高卒の私は、3年の実務経験を経てやっと二級建築士の受験資格が与えられます。

その年、私はやる気に満ち溢れていました。

当然資格学校など行く資金的余裕はまったくありませんので、選択肢は1つです。

独学を選びました。しかし不思議な事に根拠のない自信はありました。

資格学校には行かない分、参考書は欲しいだけ全て買い揃え、それでも私にとっては、

大奮発です。それを使って自信の根拠を自ら作るべく勉強です。
                                     本
誰も教えてはくれず、孤独な戦いでしたが、諦めず続けた結果、努力は報われ

学科・製図ストレートで一発合格です。それまでの人生で一番うれしかったです。

小さな設計事務所でサブ的な仕事ばかりしていた私が、二級建築士という社会的な

肩書きを手に入れた気分でした。

これで建築士になったんだ。その喜びは今でもはっきり覚えています。




それからは、仕事でも自信が持てるようになり、いろいろな設計に携わりました。

実務経験の4年が経ち、念願の一級建築士受験です。

当時は多少給料も上がっていましたが、まだまだ金欠状態でしたので、

二級建築士試験の経験もあり、独学を選択したのです。




以前と同じように欲しいだけの参考書を買い集め、これでもかと勉強しました。

周囲の人にも自分にプレッシャーをかける目的で、『絶対に受かるから』と言っては、

また勉強しての繰り返しでした。

試験当日も自信満々で会場入りし試験は開始しました。




午前の部が終った時に私は・・・

失望で固まっていました。

それは午後になっても、引きずったまま試験は終了・・・結果はもちろん不合格。




あまりにもショックが大きくて、しばらくは立ち直る事ができませんでしたが、

数ヶ月経った頃落ち着いてきたので、まずは失敗した原因を分析する事に。

そこから次回の対策を立てようと考えたからです。

メンタルや効率に関わる書籍を何度も読み返し、建築士の先輩達に話を聞いては

メモを取り、あらゆる角度から調査を繰り返し、自分なりに分析結果をまとめました。

                           

そして見つけたのです『これだっ!!』と思いました。と同時にいくら勉強だけに

時間をかけていても駄目なんだと気付きました。

ただポイントは幾つかありましたが、どれも勉強する事に比べたら容易い内容です。



もっと早く気付いていたらと思うと後悔してしまいます。

同じ努力をしていても、たったこれだけで明暗が別れてしまうのですから。

それと同時に私のやり方は根本的には正しかったと証明もされた気がしました。

明るい未来も見えてきたので、次の試験に向けて前向きに考える事に。




それから再び受験勉強を開始してからは、前回同様の努力をしながらも、

プラスαの見つけた内容を基に敗因を1つずつ潰していき、結果2回目の挑戦で

学科試験をクリアできました。




実は設計製図でもある事件がありましたが、運も手伝ってある事をしたおかげで

合格できました。まるで事故のようにいろんな事が重なり奇跡的な合格でした。



こういう経験の中で、根本的に間違っていなかった勉強法や

何を?どうやって?どのくらい?という具体的な説明も含め

多角的分析から見つけた、学科と設計製図それぞれにプラスαを付け加えた内容

を公開します。

経験談も交えた内容で、その中にも大きなヒントがあります。





免許証



よくある商材のようなページ数を何百ページにもカサ増しして不要な内容ばかり

スペースをとっているものとはまったく違い、重要な内容とそれを理解する為に

必要な事柄だけを凝縮して内容の濃い一冊となっています。

           


近年建築士試験は難解化しています。二級建築士試験だから簡単という事は

まったくありません。出題範囲が違うだけで難易度は同等レベルではないでしょうか。




私は平成12年度に一級建築士試験を合格してから、その経験を基に

建築士を目指す後輩や知人にアドバイスをするようになりました。




私が独学という事、そして失敗も経験しているという事はみんなしっていましたから、

頼ってきてくれました。私自身苦労して取得したので、報われない努力はしてほしく

ありませんでしたし、少しでも力になりたいと思い、考え方から具体的な準備や勉強法、

さらには試験当日の戦略についてまでアドバイスするようになっていまいた。

仕事が終ってから居酒屋で永遠と講義!?していた事を思い出します。




この一冊は強い意志を基に、努力する事を前提としていますので、楽して合格したいと

考えている方は遠慮して下さい。




私の周りには資格学校へ通う人が大勢います。独学で挑戦する人もいます。

どちらにしても努力なしでの合格はあり得ません。

この一冊はその努力が有効なもの、そして報われるものとなるように調味料を加え

その努力の成果を結果として格段にアップさせます。


それを知人や後輩達が、証明してくれました。

その事で、彼らの薦めもあり、独学で努力を惜しまず続けているあなたに

その努力を結果として数倍にアップさせる方法をお伝えしたいと思ったのです。




















                      ※極秘情報部分に関しては内容を○などに変えて表記しています。


他にも続々と合格した喜びの声(体験談)を送って頂きましてありがとうございました。

次回更新の際は使わせて頂きます。            








                    
建築士試験に合格する為に重要なポイントをマニュアル化しています。

勉強を始める前の準備や考え方から、徹底した効率化を計った勉強法

そのスケジュール管理法、さらには試験当日の戦略と戦術まで細かく指南しています。

絶対に教科書には載らない内容が多く含まれており、その中には私の経験談を

交えた解説もあります。


実行する為に、知識や技術は必要とはしません。

ただし必要なものが1つだけあります。それは、絶対に合格したいという強い意志です。


あなたは、この中に書かれてある通り行動し継続すればいいだけなのです。

            断言します。   



あなたの強い意志にこの一冊をプラスすれば、合格の二文字に必ず手が届きます。




独学でそれを手に掴み、資格学校に通う人さえ唸らせましょう。









いくらだと思いますか。

このどこにも売られていない極秘性のある内容は情報としての価値は??

それは、建築士試験合格と同等っではないでしょうか。

例えばN学院やS学院では学科と製図で70万円以上です。

いろいろな通信講座の教材もありますがどれも10万円以上です。

これを払ってでも建築士になりたい、それだけの価値があると考えているのでしょう。

私も同じ考えです。




しかし私は、いろいろな理由の中、独学で受験するあなたを応援したいのです。

この公開を薦めてくれた知人や後輩達には反対されました。

でも事情を話し最後は彼らも納得してくれました。

そこで、私に経験と実績からまとめたこの一冊分の情報料は無料とします。

50名様に限り情報料無料とします。




この一冊を公開する為の作成費としてかかった実質人件費のみ頂く事としまして、

¥17,800円で提供させて頂きます。

売り上げは入ってきても右から左で儲けはありませんが、私自身も納得しています。

何より、この一冊を手にしたことで、一人でも多くの方が独学で建築士試験を

突破して自信と笑顔を手に入れて頂ければと願って止みません。



しかしこれでもまだ、参考書代を削らないと・・・

いえいえそれは困ります。参考書や問題集は独学で受験する者にとれば、

唯一の武器と言ってもいいものを削るなんてとんでもありません。




そういう方の為に、今回発売記念という事で限定50名様には、

合格祈願の願掛けも兼ねて33%OFFの¥11,888円でお譲り致します。

いい思いをして末広がりでいかがでしょうか。

一日でも早くスムーズに勉強をスタートしてほしいという願いを込めて。





あなたの手で目の前のチャンスという扉を開けてください。 

             


     超勉強法は、どなたにも解り易く解説してありますが、万が一

     その内容に関して解りづらい点や質問したい事がありましたら

     メールにてお問合せ下さい。






     超勉強法を使って合格され、喜びの声(体験談)を

     送って頂いた方の中から、先着5名様に、商品代金の中から

     2,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中。






     先着50名様限定で¥28,200円が33%OFFの¥18,888円!!

     大特価と末広がりであなたの受験も大願成就間違いなし!





 お急ぎ下さい。先着順!50冊限定です!!

 
  ※数量に到達次第予告なく値上げさせて頂きます。   ※上記表記は全て税込み価格です。




         
                        ※画像は商品イメージです。

   





                                      |お問合せはこちら|






            
                『クレジット決済』『銀行振込』『BitCash』がご利用できます。


          





 ダウンロード版 
 【独学で一級建築士試験一発合格 超勉強法】

 PDFファイル 76ページ
 

 

















 免責事項 当サイトは、私個人の考案した情報を紹介しており、その考えは私見であり、
著者と同じ効果が出る事を保障するものではありません。
使用に
関する最終決定は、必ずご自身の判断で行うようお願い致します。
特商法に関する記載ページも理解頂きご購入下さい。尚、購入された時点で、
ご理解頂いたものとみなします。当サイトからの情報などによって何らかの損害を
被っても、当サイトは一切の責任を持ちません。








最後まで読んで頂きありがとうございます。





人間は、不安になるとネガティブに考えてしまう生き物です。

しかし、意識しだいでポジティブシンキングに変わり、結果まで変えてしまいます。

今なら合格している自分を想像するみたいなことですね。





『7割の不安と3割の自信』 これが脳の黄金比率(自称)です。

不安が大きすぎてもいけませんが、自信過剰でも努力を怠ります。

常に向上心を持ち続けるにはこの黄金比率が最適だと考えています。

不安を取り除くために、努力をし自信を増やそうとする。

まさに『継続は力なり』ですね。




そして継続するコツは?

それは100点満点を狙わないという事です。

仮に2・3回100点が続いても、10回・20回は無理です。

継続するには常に70点を目標にする事です。

試験に限ったことではありません。人生全て70点これが私の座右の銘です。




みなさんも試してください。

そしてこの超勉強法で合格するあなたのパートナーとして少しでもお役に立てる

事を心よりお祈り申し上げます。
                          
                                                              __________
                              Office TSP Japan                                            
                                                  富田
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

 

|TOP|

Office TSP Japan
Copyright© 2010-2011「独学で一級建築士試験一発合格超勉強法」 All Rights Reserved.  



|TOP|お問合せ|特商法表記|